2000年頃から、子どもたちの理工系離れが進み、その結果、次世代の研究者・技術者が育たなくなっているといった問題が指摘されています。このままでは、これまで培われてきた日本の工学的・科学的土壌が失われてしまうことにもなりかねません。
そこで、2023年度に「アマノ科学教室」を試行し、その結果、非常にすばらしいと高評価を得たため、2024年度から当財団の正式な事業として開講することとなりました。
本事業は工学的・科学的な実験や体験を通して、子どもたちが工学や科学の面白さに直接触れることができるということだけでなく、実験(体験)と理論(原理)との融合を図ることに重点を置いています。
この取り組みを通して、子どもたちが工学的・科学的な学問に興味・関心を抱くことを期待するとともに原理を探究し、論理的に考える力や挑戦していく力を養い、ひいては日本の工業技術水準 の向上に寄与したいと考えています。

年間16回継続して学ぶ

科学的な実験や観察などを単発的に行う場合は、その時だけ「おもしろかった」で終わってしまいがちになります。この興味をそのままにしてしまうことは、その児童・生徒にとって、とてももったいないことです。
そこで当講座は1年間継続して指導することで、引き出した興味や関心を一層発展させて将来につなげていきたいと考えています。

なんと!受講料は0円

受講料や教材費などすべて無料です。ただしロボット講座については初回にコンピュータ代として3万円徴収(不足分は当財団が補助)します。これは利益を追求しない公益財団法人だからこそできるものです。
また、講師陣は教育のプロであるだけでなく、講座では複数の講師が指導に当たりますので、安心して指導を受けることができます。

考えて行動することが大切

私たちの講座は一貫して「考えて行動すること」を大切にしています。課題を解決したり、新しいことを発見したりするためには、考えているだけでは何も進展しないし、また、やみくもに行動しても成果は得られません。
「考えて行動すること」は科学的思考力を育むだけでなく、人間としての成長に欠かせないことなのです。

2024年4月24日

物理講座は定員及び追加募集分を満たしたため募集停止します。なお、ロボット講座の土曜日コースのみ若干名の応募が可能なので、希望者は参加申込フォームに記入して申し込んでください。

2024年4月23日

2024年度アマノ科学教室・物理講座は4月23日午後6時の時点で定員を満たしましたので、募集終了します。なお、ロボット講座の土曜日がまだ4名の枠がありますので、希望者は早めに応募してください。

2024年4月21日

2024年度アマノ科学教室の参加申し込み状況ですが、物理講座、ロボット講座共に日曜日は定員を満たしたため募集終了しました。どちらの講座も土曜日に若干の空きがありますので、参加希望者は早めに申し込んでください。

2024年4月21日

2024年度アマノ科学教室参加申し込みの状況を連絡します。

2024年4月19日

アマノ科学教室への参加申し込みは4月21日9:00~11:00です。

2024年3月15日

予定より早いですが、ホームページを2024年度用にリニューアルオープンしました。

2024年3月5日

工事予告:3月14日~20日

2024年2月19日

第14回物理講座を終えて、皆さんからの疑問・感想を掲載しました。

2024年2月14日

2023年度第14回アマノ科学教室・物理講座の教室風景を掲載しました。

2024年1月28日

第13回物理講座を終えて、皆さんからの疑問・感想を掲載しました。

2024年度の科学教室は5月11日から開講します。開講後に教室の様子をお伝えします。

物理講座

ロボット講座

2023年度の科学教室概要版は👉こちら

ここでは、皆さんのふとした疑問を解決していくコーナーです。
なぜ?と疑問に思ったことは、すぐに連絡をください。できるだけ早く、その回答を掲示します。なお、質問者はペンネームを使って結構です。質問は👉こちらへ

風見鶏はなぜ風上を向くの?
スマホの仕組みはどうなっているの?
ドローンはどうして空中で止まっていられるの?
光通信って何?
白熱電球・LED電球・蛍光灯の違いは何?
なぜ、雷は光ったり落ちたりするの?
音って何?
スプーン曲げ~あなたは超能力者?
ロケットはなぜ飛ぶの?
山の上は太陽に近いのになぜ寒いの?
走っている電車の中でボールを上に投げるとどうなる?
コンピュータが2進数を使うのはなぜ?
飛行機はなぜ飛ぶの?
球の速さはどうやって測るの?
バーコードでどうやってお金を読み取るの?
ビルの屋上にどうやってクレーンを上げるの?
送電線が9本?